小さく大きく暮らす

施工 2015
場所 Aomori-shi katta
デザイン Kobayashi/Akada/Kato/Shiratori
規模 敷地面積:132.3㎡(40坪)
延床面積:111.58㎡(33.6坪)

夫婦と子供2人の4人が暮らす家。
夫婦は、日常を仕事に子育てに忙しく過ごす。

この家はコミュニケーションの種類に着眼し、空間づくりをはじめた。
会話のキャッチボールや団欒には、きっとそれぞれのシーンやボリューム、内容に種類があるはず。

ある時は家族以外の人も招き入れた団欒もあり、
ある時はあえてダイニングテーブルじゃなく着座で食事をすることだってある。
ゆっくり食事もできない時だってある。
そして時には子供を叱ることだって必要だ。
それぞれのコミュニケーションのシーンをひとつの大きな空間につくった。
たくさんのシーンをつくるために大きな器が必要かというと、きっとそんな方程式も無い。

「小さく大きく暮らす」
この家のテーマはそんな意味で矛盾している

そのほかの施工事例

さらに見る

上へ